事業支援研究所

– RIBS –

人材の採用とHPの関係

※この記事は新型コロナウイルスの感染拡大前に書いたものですが、内容的には今でも参考になると思い、掲載しています。

特定の業種や中小企業などが中心ですが、人手不足が深刻化してきていますね。人材採用の募集はどのようにしていますか?

まさか、ハローワークだけじゃないとは思いますが、それでもIndeedには掲載されますけど(順位はかなり下の方です)。

一番多いのが、就職情報誌への掲載や就職情報サイトへの登録ですよね。

その際に、HPのURL(HTTPから始まるアドレス)を記入すると思いますが、それは会社やお店のトップページですか?(だいたいURLの末尾がindex.html)

でも、それはお客様向けのページであって、採用したい人に見て欲しいページじゃありませんよね?

何が言いたいかというと、お客様に見て欲しい情報と、採用したい人に見て欲しい情報は違うのではないでしょうか?

そもそも、就職情報誌や就職情報サイトに掲載できる情報量には限りがあり、かつ、基本的な情報は必ず載せる必要がありますから、業種が同じなら、だいたいどの会社やお店でも似たり寄ったりな内容になってしまうはずです。

それを応募する側から見たら、どうでしょう。違いがあまりないのなら、給与や場所(通勤のしやすさ)で選んでしまうかもしれず、一番アピールしたい、働きやすさとか、業務の面白さとか、独自の行事など、他の募集との違いが明確になりません。

実は、採用専門のページを持つとその問題が解消されるだけでなく、お客様にも興味を持ってもらうことができるんです。

既に、大手企業ではそのことに気づいていて、働き方改革の進捗や、ハラスメント対策、女性登用、育児休業の取得促進といった、応募する前の段階ではなかなか知ることができない情報を積極的に掲載したり、実際の職場や従業員の声などを写真や動画などでアピールしたりしています。

他社の採用専門ページをちょっと覗いてみませんか?