事業支援研究所

雇用対策とホームページの活用

経営戦略の3本柱

かつて、経営戦略というものは経営者や幹部たちが一所懸命考えたもので、我々コンサルもいろいろとお手伝いをさせていただきました。

ところが、社会環境やビジネス環境が大きく変革する中で、会社のあり方も多様化が進み、経営戦略も一つでは違和感を感じるようになってきました。

そこで、経営戦略を細分化してみると、なかなかしっくりくるようになったのです。

もちろん、業種業態や企業規模、事業ステージなどによって、違いは当然あるとは思いますが、経営戦略というのは一度作ったらそれで終わり、というものではないので、参考になればと思い、ちょっと書いてみたいと思います。

いろいろ試したのですが、3つに分けるのが一番良かったのでご紹介しますね。

一つ目は、営業・マーケティング戦略です。

何をどう売るのかという、基本となる戦略ですね。事業の立ち上げ段階では一番最初に手掛ける、一番重要な戦略ですので、今更特に説明の必要もありませんね。

そして、ある程度事業が軌道に乗ってくると従業員が増えてきます。そこで必要になるのが、人事戦略です。

どんな人材をいつ、何人雇用し、どう育成してどんな組織にしていくのか、組織戦略と言ってもいいのかもしれません。

営業・マーケティング戦略がきちんとしていれば、人事戦略を真剣に立てる必要がないと思われがちですが、日々の売上利益を作り出しているのは、末端の社員であることを忘れてはいけません。

今後、労働人口が減少してきて、深刻な人手不足になることも合わせて、社員を大切にする企業が生き残っていくのは明らかではないでしょうか。

最後の柱が財務戦略です。売上から生じた現金をどのように再投資し、次の売上利益につなげていくか、留保と投資のバランスをどうするか、中長期の目標をどう設定するか、などを決めていきます。

これら3本の柱を互いに関係させ合いながら、全体戦略にまとめ上げていく、それがこれからの経営戦略と言えると思います。

詳しく書くときりがないので、今日はこの辺で。