事業支援研究所

雇用対策とホームページの活用

Webマーケティングの重要性

詳しい人なら何を今さら、という感じなのですが、仕事柄さまざまな会社やお店や団体、個人の方々とお会いしていると、意外にWebマーケティングについて誤解があるなあと感じている今日この頃です。

Webマーケティングなんて言葉を使うから、余計分かりにくくなってしまうのでは、とも思いつつ、ITやネットの活用なんて言葉はもっとざっくりし過ぎて、さらに混乱してしまうんじゃないかとも思います。

会社だと「営業がいるから」、お店などでは「直接お客様と話した方が…」と思っていて、HPがただの会社やお店の内容を知らせているだけのものになってしまい、集客に大して貢献していないものが結構多いんですね。

HPやネットの活用と聞くと、通販のようにネットだけで全て完結するものを想像してしまうみたいなのですが、それは違う、違うんです!

今、何かモノや情報が欲しいと思った時にどうしてますか?とりあえず、スマホやPCでポチッとしてませんか?

そう、ネットは入口なんです。

最終的にはお客様に面と向かって詳しく説明したくても、そのためには、お客様に会社やお店にコンタクトしてもらう必要があり、さらにそのためには、まずこちらの会社やお店を知ってもらう必要があり、そのためにネットを活用しましょう、ということです。

もちろん、ネット以外の方法もない訳ではありませんが、HPはどちらにせよ作ると思いますので(SNSもネット活用の一つの方法ですが)、だったら、うまく活用しない手はないと思います。

うーん、何だかうまく伝えられていない感満載ですが、要するに、商品やサービスを売るまでの部分で、HPとかネットの活用部分を入れて、効果を増大させる、というものが、Webマーケティングなんだと思っていただければ幸いです。

もし、ちょっとでも気になることがある方は、ご質問でもご相談でもお気軽にご連絡くださいね(具体例などで、もう少し詳しくお伝えできると思います)。